2016年11月16日

社内誌[つばめ]


こんにちは(^^)
総務課から、毎月発行される当社の社内誌[つばめ]についてご紹介します。

2005年に全て自分たちの手作りで作った第1号の創刊から早11年、現在134号になります。

社内行事から各支店のインフォメーション、クラブ活動、
私の趣味のコーナーなど、情報満載で作っています。


記事の収集をし、写真の構成や文章のチェックなど、出来上がるまで何度も打ち合わせをします。
満足できるものが出来た時も出来なかった時もありますが、毎月楽しく作っています☆


image001.jpg



第1号から見ていくと、かなり進歩していて、懐かしいですね〜。

image002.jpg



毎月編集は大変ですが、社内の皆さんに楽しく読んでもらえるように、
もっと進化させていきたいと思ってます🎶




いや〜しかし、当たり前ですが、昔はみんな若かったんですね〜(笑)



新しい企画もどんどん増やして
これからも、楽しく作っていきたいと思いま〜す(^−^)




posted by ジェイアール四国バス at 09:53| 総務部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

久万高原線のご紹介♪


当社はローカル路線を2つ持っています。愛媛県の久万高原線と高知県の大栃線です。
今回は松山支店が運行する久万高原線の紹介をさせていただきます。

久万高原線は松山駅〜久万高原町を1時間15分ほど、そこから落出までを更に30分ほどで結ぶ路線です。

現在土日祝限定一日乗り放題きっぷを1,200円で販売しておりますので、
この機会にご活用いただき、ぜひ遊びに行ってください!(平成28年12月31日まで)

image001.jpg


まず、道の駅「天空の郷さんさん」に行ってみました。
「久万中学校前」バス停降車徒歩1分というバツグンのアクセス!
物産館、レストラン、パン屋さんがあります。物産館は地元の新鮮な野菜、食材を使用したピザやおにぎりをはじめ、愛媛のお菓子や工芸品まで、さまざまなものが販売されています!

あと、何といっても目玉はレストランさんさん
こちら、11:00〜14:30の間、地元の食材をふんだんに使った昼食バイキング(オーダーストップ 14:00)が楽しめます。

唐揚げやカレーはもちろん、手作り蒸しパンやお野菜たっぷりのからだに優しそうなメニューもたくさん!食べ放題なので欲張って、たくさん盛り付けてしまいました。

じゃーん。

image003.jpg


いろんな料理が食べられて、どれもおいしかったです。この後無理をしてカレーも食べました。
ごちそうさまでした。お腹いっぱいです……。


1月1日だけは定休日となっておりますので、ご注意ください(臨時休業の場合がございますので、事前に確認してくださいね)。

隣にはパン屋さんがあるので、そちらでアップルパイを買いました。久万特産品のりんごをまるごと2.5個使用した贅沢な一品です!りんごの甘さがたっぷりと味わえます。ぜひご賞味ください♪

image005.jpg



お腹もパンパンのところで「久万スキーランド」へ!こちらは12月1日オープンです。

11月頭に行ったので、もちろん雪はなく……

image007.jpg

今は緑の草原ですが、ここが1ヵ月後にはゲレンデになるとは……。たしかにリフトが見えますね!冬と言えばスキー!というスキーヤーの皆様にとっては、ここが真っ白になるのが待ち遠しいのではないでしょうか。

平成29年1月1日から、乗り心地の向上と時間短縮を図るため、三坂道路経由に経路を変更します。
そのため、久万スキーランド最寄バス停の「六部堂」含む4つのバス停が廃止されますが、「横通」バス停で降りられ、久万スキーランドにお電話して頂ければ無料送迎バスがお迎えに来てくれますよ!
今後もぜひ久万スキーランドへは久万高原線をご利用ください



image009.jpg

よくわかりませんが、久万スキーランド入口で人懐っこいわんちゃんが送り迎えしてくれました♪めいっぱいもふもふしてきました。もう一頭イエローの子がいましたが戯れすぎて写真を撮り損ねました^^;


image011.jpg

帰る前にはとても冬空っぽい写真が撮れました!今年も雪がたくさん降るといいですね!でもバスの運休はご遠慮願いたいところですね……。



冬に向けて、どんどん冷え込みますが風邪に気をつけてがんばりましょう!


posted by ジェイアール四国バス at 11:17| 松山支店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

夏のシーズンも終わった、四国一の清流穴吹川


image002.jpg

6月から10月には、「あゆ漁」を楽しむ太公望や透き通る水面を求めて多くの行楽客でにぎわっていた。


穴吹川に架かる潜水橋

image003.jpg

image004.jpg

シーズンには、ぜひ遊びに来てください。いろいろな発見があるかも?


上流へ10q地点に険しい渓流がある。
image005.jpg

image006.jpg


image009.jpg

穴吹川を少し奥へ行くと、昔は、難所と言われた、恋人峠がある。
そこには、休憩所の施設があり「廉貞星(レンジョセイ)宮殿」が設置されている。穴吹町に7箇所ある「ラッキー宮殿」の1つで、恋人同志が結ばれることを願い建設されたものである。


posted by ジェイアール四国バス at 14:39| 徳島支店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。