2015年10月28日

バスのカラーリングについて(第三弾)

バスのカラーリング第二弾では、バスのメーカーによる違いにスポットを当てましたが、今回は『社名ロゴによる違い』にスポットを当ててご紹介します🎶


当社では、平成22年度より「JR四国バス」から「ジェイアール四国バス」へ社名ロゴを変更しました。

社内では新しいバスか古いバスか、ひとつの目印となっていますが、社名ロゴが変わるということはバスのデザインも変更しなければなりません。



PICT0508.JPG

平成21年度登録車             




左側DSC_0158.JPG

平成22年度登録車



上の写真、社名ロゴが違うのが一目瞭然だと思います。

JR」から「ジェイアール」へ変更しただけといえばそれまでですが、
ちょっとしたことでも慎重にデザインを練らなければなりません。


バスの全長、側面の面積は同じですから、限られたスペースに新社名ロゴをいれると、文字数が多くなった分つばめマークと社名の文字の大きさは小さくなります。ですが、あまりに小さすぎて目立たない、逆にあまりに大きすぎて3色ラインと重なってもいけません。
さらに、字体はどうするのかといった細かい事柄も決定しなければならず、試行錯誤した結果、写真下の現在のデザインに至りました。



第三弾はここまで
第四弾もお楽しみに(*^^*)






posted by ジェイアール四国バス at 10:18| 安全推進部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。